nma-home

hojito ryoji 2010 @ shinjyuku pit innIchiraku Yoshimitsu / DORAVIDEO 2006 @ kotoni patosBob Ostertag & Pielle Hebert "Living Cinema 2003 @YAMAHA halljohn zoon + toyozumi 1985 @ YAMAHA hallotomo yoshihide "ground zero" + yamatsuka ai 1992 @ penny-lane24elliott sharp "carbon" 1996 @ 札幌芸術の森アリーナ"salle gaveau" 北海道ツアー2011 @ this is 大友良英+島田雅彦「ミイラになるまで」1997 @ 札幌芸術の森アリーナmartin tetreault 1997 @ 札幌芸術の森アリーナalva noto "raster noton," 2011 @ patosthe thing + otomo yoshihide 2009 @ coootaka shizuru + yamaguchi tomo 2007 @ 福島大神宮 "かがり火コンサート"christian marcley 1999 @ bessie hallumezu kazutoki "kiki band" 2009 @ cooito atsuhiro "optron" 2006 @ patos

NEWS

■ 札幌国際芸術祭2017のゲストディレクターに、大友良英就任。
LinkIcon札幌国際芸術祭 公式サイトLinkIconDaily SIAF

■ 北海道新聞・毎週金曜日夕刊カルチャーplus 欄にコラム
 「されど音楽」を、2015年3月から5月まで3ヶ月間執筆しました。
  同じ内容をブログ「NMA DIARY」に転載しています。
LinkIconNMA DIARY

■ 札幌国際芸術祭2017(SIAF2017)
 closing Live「大友良英 special 3days」(9月26-28日)決定!詳細近日発表。

NMA LIVE information

6/22 YUKO FUJIYAMA + NONOKO YOSHIDA SUPER DUO


ユウコ・フジヤマ + 吉田野乃子 DUO

ユウコ・フジヤマ(藤山裕子 piano = NY)
吉田野乃子(sax)

作曲と即興を織り交ぜたスリリングなインタープレイで、
ニューヨーク・ジャズシーンの熱気をリアルに伝える。
ユウコ・フジヤマは2000年以来の来札。

2017. 6. 22 (木)
くう 札幌市中央区南1西20 アウルビルB1(地下鉄「西18丁目」駅出口1 )
開場 19:30 開演 20:00 予約¥2,500 当日¥3,000 別途ドリンク代¥500
共催・予約:NMA Tel. 011-742-3458 nma-1983@mbr.nifty.com http://nma-sapporo.com
      Coo Tel. 011-218-1656 http://sapporo-coo.com/
協力:ACF 札幌芸術‥文化フォーラム(会員500円割引)

Yuko-with-piano.jpg   nonoko-1.jpg

ユウコ フジヤマ(piano)

札幌市出身、ニューヨーク在住。4歳よりピアノを始める。ピアニスト、セシル・テイラーの即興音楽に大きく影響を受け、オリジナル即興を目指し、1987年よりニューヨークに移住。1993年より演奏活動開始。リーダー、メンバーとして共演したミュージシャンの数は多い。
Fred Hopkins, Wilber Morris, William Parker, Mark Dresser (b) Ikue Mori, Reggie Nicholson, Susie Ibarra, Kevin Norton (dr)、Tomas Wirich (cello) Billy Bang, Mark Felddman (violin)、Roy Campbell, Graham Haynes, Leo Smith (tp)、Tomas Chapin (tb)
最近新しいカルテット(Graham Haynes、Jennifer Choi, Susie Ibarra)のレコーディングを終え、近々リリース予定。札幌では2度、97年ナウミュージック・フェス(芸森)に自己のトリオ、2000年デュオ以来、実に17年ぶり!!

吉田野乃子 (alto sax)

1987年生まれ。北海道岩見沢市出身。 10歳からサックスを始め、高校時代、小樽在住のサックス奏者、奥野義典氏に師事。2006年夏、単身ニューヨークに渡る。NY市立大学音楽科卒業。 ジョン・ゾーンとの出会いにより、前衛音楽の世界に惹かれる。マルチリードプレイヤー、ネッド・ローゼンバーグに師事。2009年、前衛ノイズジャズロックバンド"Pet Bottle Ningen (ペットボトル人間)"を結成し、Tzadikレーベルより2枚のアルバムをリリース。4度の日本ツアーを行う。2014年よりソロプロジェクトを始動。2015年10月、ソロアルバム『Lotus』をリリース。現在、活動拠点を北海道に移す。

6/30 NED ROTHENBERG HYPER SAX SOLO


NED ROTHENBERG:(ネッド・ローゼンバーグ)sax, b-cl, 尺八

彼自身が創り出したノンブレス奏法、マルチフォニック奏法など、
その洗練された超絶的テクニックと幻想的な響きは、全世界で絶賛されている。
20年ぶりの来札!

※吉田野乃子(sax)の共演あり

2017. 6. 30 (金)
くう 札幌市中央区南1西20 アウルビルB1(地下鉄「西18丁目」駅出口1 )
開場 19:30 開演 20:00 予約¥4,000 当日¥4,500 別途ドリンク代¥500
主催・予約:NMA Tel. 011-742-3458 nma-1983@mbr.nifty.com http://nma-sapporo.com
      Coo Tel. 011-218-1656 http://sapporo-coo.com/
協力:ACF 札幌芸術‥文化フォーラム(会員500円割引)

Ned.jpg

ネッド・ローゼンバーグ (as, b-cl, 尺八)

ネッド・ローゼンバーグはソロおよびアンサンブルで国際的に高く評価されているコンポーザー兼演奏家で、33年間、世界の5大陸にわたって活動している。主にアルト・サックス、クラリネット、バス・クラリネット、尺八を演奏する。ソロ演奏では音波言語のパレットも用い、独自の表現法を生み出している。アンサンブルでは、ギターのジェローム・ハリスとタブラのサミール・チャタジーとのトリオSyncを率いるほか、Mivos弦楽四十奏団とともに自身のクラリネットと弦楽のための五重奏を演奏したり、即興音楽家と世界各地で共演している。
札幌では、94年、95年、97年と3度NMAの企画で出演して以来、実に20年ぶりの来札となる。

7/6 立花泰彦 + 大友良英 DUO


Alone Together

2001年、2002年の下北沢「LADY JANE」以来
実に15年ぶりのDUOが札幌で実現!!

立花泰彦(bass) 大友良英(guitar)

2017. 7. 6 (木)
くう 札幌市中央区南1西20 アウルビルB1(地下鉄「西18丁目」駅出口1 )
開場 19:30 開演 20:00 予約¥3,500 当日¥4,000 別途ドリンク代¥500
主催・予約:NMA Tel. 011-742-3458 nma-1983@mbr.nifty.com http://nma-sapporo.com
      Coo Tel. 011-218-1656 http://sapporo-coo.com/
協力:ACF 札幌芸術‥文化フォーラム(会員500円割引)

立花+大友-a.jpg


立花 泰彦:Elc & Wood Bass奏者作曲・編曲・プログラミング

1955年福岡県北九州市にて生まれる。
高校在学中から新宿のダンスクラブでプロのベーシストとしての活動を開始。その後、ニューハード、スイングビーバーズ、ゲイスターズ等BIG BANDでのキャリアを積んだ後、板橋文夫、渋谷毅、梅津和時、坂田明、林栄一、大友良英、小山彰太、古澤良治郎等々とのセッションを重ね、日本のディープなジャズシーンでのべーシストとの評価を得る。
1990年代初頭の渋谷ジァン・ジァンでの公演以来、舞台音楽の作曲、編曲、音楽監督としてのキャリアも長い。主な悪品は<シアター21公演「グリマー・アンド・シャイン」音楽監督(出演:真中瞳、高橋和也、羽場裕一、山路和弘、演出:宮田慶子、紀伊国屋ホール、新神戸オリエンタル劇場)> <音楽劇「帰り花」(平成17年度文化庁舞台芸術奨励賞)の作曲・演奏・音楽監督。主演は故・大浦みずき。他に岩崎良美、大家仁氏等。演出・宮田慶子、作・霜康司。>
また、ゲーム音楽やアニメ作品へ、作曲・編曲・演奏・プログラミングにて楽曲を多数提供している。
自己のグループ「TOY」(太田惠資;ヴァイオリン、芳垣安洋;パーカッション)をはじめ、CDも多数。
2009年秋には画家である妻・立花泉の10枚の絵を画集にし、それぞれの絵をモチーフに作曲した10曲をあわせたCD画集「彼方へ」を発表。
板橋文夫MIX DYNAMAITE Live at The Pit Inn「にわとりのいた あの頃のふるさとの家」をプロデュース。このライブは2010年12月31日のPit Innでのオールナイトライブでの模様を収録したもので、ベーシストとしても参加している。
立花泉の病気療養のため、2011年11月より浦河へ移住。無農薬・無肥料栽培による自然農に挑戦しつつ、
ひがし町診療所デイケアで「音楽の時間」というプログラムの講師を受け持ち、そこのメンバーたちと「ひがし町パーカパッションアンサンブル」と名乗って即興演奏を行っている。パーカパッションアンサンブルは公募プロジェクトで選定され、2017年の札幌国際芸術祭に出演が決まった。
ジャズミュージシャンとしては、小山彰太、奥野義典と結成した「T.K.O.」で札幌のライブハウスを中心にした活動を行っている。
浦河では、旧知のミュージシャンを招待してのコンサートや(2013年はおおたか静流、2014年は山下洋輔)
日高管内唯一の映画館・大黒座で月に一度、ベースソロライブを2015年1月から継続中。2015年12月に「T.K.O.」のCD「Total knock Out」をリリース。

大友良英(おおとも よしひで)音楽家

1959年横浜生まれ。実験的な音楽からジャズやポップスの領域までその作風は多種多様、その活動は海外でも大きな注目を集める。また映画やテレビの劇伴作家としても数多くのキャリアを有する。近年は「アンサンブルズ」の名のもと様々な人たちとのコラボレーションを軸に展示作品や特殊形態のコンサートを手がけると同時に、一般参加型のプロジェクトにも力をいれている。震災後は十代を過ごした福島でプロジェクトを立ち上げ、2012年プロジェクトFUKUSHIMA ! の活動で芸術選奨文部科学大臣賞芸術振興部門を受賞。2013年には「あまちゃん」の音楽でレコード大賞作曲賞他数多くの賞を受賞している。2014年国際交流基金とともにアンサンブルズ・アジアを立ち上げ音楽を通じたアジアのネットワーク作りにも奔走中。札幌国際芸術祭2017の芸術監督も務める。著書に『音楽と美術のあいだ』(フィルムアート社)『学校で教えてくれない音楽』(岩波新書)『MUSICS』(岩波書店)、『シャッター商店街と線量計』(青土社)等がある。http://otomoyoshihide.com

NMA LIVE (終了分)


アジアン-a.jpg
ASIAN MEETING Sessions Sapporo
2017.5.13 @くう


alird-a.jpg

アリルド・アンデルセン・トリオ
2017.1.10 @くう


roger-A.jpg

ROGER TURNER 3days
2016.9.28-30 @くう



ユーグ-A.jpg


ユーグ+蜂谷+宝示戸
2016.2.3 @くう



FEN表.jpg


FEN@ガラスのピラミッド
2015.11.20 @ モエレ沼公園


沖至-表.jpg

沖 至
2015.10.9 @くう


74df6e_b009e8a3328e49d2aa14aa1d3b575f32.jpg_srb_p_356_504_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srb.jpg

喜多直毅 × 黒田京子 DUO
(協力)2015.09.11@くう



OtomoSolo15.jpg


大友良英 SOLO plus
2015.08.06 @くう


梅+宝.jpg

梅津和時 × 宝示戸亮二
2015.07.20 @くう


'15かがり火表面.jpg

ヒカシュー/かがり火コンサート
2015.07.04 @福島大神宮


ヒカシューA.jpg

ヒカシュー
2015.07.05 @くう



hugues-a.jpg


ユーグ+蜂谷真紀+宝示戸亮二
2014.10.21 @くう


内橋solo.jpg

内橋和久
ギター&ダクソフォン ソロ
2014.8.17 @MUSEUM


otomo_2014_ura.jpg

フェスティバルFUKUSHIMA! 北3条広場で盆踊り
2014.8.10


otomo_2014_omote.jpg

大友良英スペシャルビッグバンド in SAPPORO
2014.8.9


'14−19th 表面.jpg

第19回かがり火コンサート
2014.7.5






大友良英
ターンテーブル&ギターソロ

2014.3.6 @PROVO



filament-a.jpg

Filament & 大友良英ソロ
2013.11.27



food-a.jpg

FOOD 2013
2013. 11. 16


dora-new.jpg

DORAPTRON
2013. 9. 12

'13−18th 表面.jpg

18th.かがり火コンサート
2013. 7. 6(7.8札幌@くう)

moere-a.jpg

大友良英 "TRIANGLES"
2012. 9. 8-9

喜多+黒田.jpg

喜多直毅 × 黒田京子
2012. 9. 2

umezu-omote.jpg

Ohtaka+Umezu+Kume
2012.8.4(8.5札幌@ヤマハフィールズ



FOOD-12.jpg


FOOD
2012.04.25

salle-a.jpg

Salle Gaveau
2011.10.11-14

r-n-front.jpg

Raster Noton
2011.10.03

'11-A4表面.jpg

Kokopelli
2011.07.23(7.25札幌@くう)


2011hojito.jpg


Hojito Ryoji + Seo
2011.03.22

hojito+liudas-1.jpg

Hojito + Liudas
2010.09.24

'10-kagaribi1.jpg

15th. Kagaribi
2010.07.30


Chuck.jpg


Chack Bettis
2010.02.13


David_Noel_sapporo.jpg


D.Grubbs+N.Akchote
2010.01.18

enka.jpg

Umezu "ENKA"
2009.12.08

kikoe1.jpg

KIKOE
2009.10.18

the-thing.jpg

Thing + Otomo
2009.09.11

agra-a.jpg

Agra Dharma
2009.06.17

kiki.jpgkiki.jpg

Umezu "KIKI BAND"
2009.05.22

ootakatomo.jpg

Otaha+Tomo
2008.09.29

Breath-a.jpg

Bleath Passage
 2008.05.20  



        mail to LinkIcon

     web 制作更新:沼山良明 (NMA)